シンガニ

ボリビアで愛されるシンガニカクテル「チュフライ」

  • 再生回数:51

マスカットが香る南米ボリビアのお酒「シンガニ」とは

南米ボリビアの蒸溜酒「シンガニ」をご存知ですか? シンガニとはマスカット・オブ・アレキサンドリアを原料としたお酒で、華やかでフルーティーな香りが特徴です。このシンガニを使ったボリビア生まれのカクテルが「チュフライ」。炭酸飲料で割り、ライムを添えた爽やかな味わいが地元民にも愛されています。

アンデス山脈鉄道が「チュフライ」誕生のカギ?

チュフライ誕生の起源は19世紀初頭にアンデス山脈に鉄道をひくためにやってきたアメリカとイギリスの技術者にあると考えられています。当時、ジンをジンジャーエールで割ったジンバックが技術者たちの定番でしたが、ジンの代用にシンガニを使ったところ、その華やかなで爽やかな甘さが人気を呼び一躍人気カクテルとなりました。今ではジンジャーエールではなく、セブンアップやスプライトなどの炭酸飲料で割るのが定番となっています。

RECIPE

材料
分量
シンガニ「ロス パラレス」
45ml
炭酸飲料
適量
ライムスライス
1枚

つくり方

グラスにシンガニを注ぎ、氷を入れる。スプライトを適量注ぎ、軽く混ぜる。ライムスライスを添える。

詳しいつくり方は、動画をご覧ください。(※動画ではBAR TIMES HOMEが推奨するつくり方となっております。)動画に出てくるシンガニ「ロス パラレス」は下記よりご購入できます。