ラム

夏といえばコレ! ミントの香り爽やかな「モヒート」

  • 閲覧数:257

あの文豪も愛したキューバ生まれのカクテル「モヒート」

モヒートは、1890年代にキューバのハバナで誕生したラムベースのロングドリンクで、アメリカの小説家アーネスト・ミングウェイもこよなく愛したカクテルと言われています。ライムやミントがグラスを彩る夏向きのカクテルと思われがちですが、バーでは季節を問わず人気があります。つくり方のポイントは、苦味が出ないようミントとライムは潰しすぎないこと。また、コクを出すためにブラウンシュガーや三温糖を使うのもおすすめです。

 

レシピ

材料
分量
ホワイトラム
45ml
スペアミントの葉
10枚程度
ライム
1/4個
砂糖(コクが出るのでブラウンシュガーまたは三温糖がおすすめ)
2tsp
炭酸
少量

つくり方

1

ライムは潰しやすいよう適当な大きさにカットします。

2

グラスにミントとライム、砂糖を入れマッシャーで軽く潰します。苦味が出るので潰し過ぎに注意!

3

クラッシュドアイスを入れ、ラムを注いでよく混ぜます。

4

炭酸を少量注ぎ再び軽く混ぜます。