ラム

あの文豪も愛したキューバ生まれの人気カクテル「モヒート」

  • 閲覧数:58

バーですっかり定番の夏向きカクテル「モヒート」

モヒートは、ラムベースのロングドリンクで、1890年代にキューバのハバナで誕生したバーでも人気のカクテルです。アメリアの小説家アーネスト・ミングウェイも愛したといわれ、ライムやミントがグラスを彩る夏にぴったりの涼しげなカクテルです。

様々なフルーツを使ってアレンジモヒートにもチャレンジ!

モヒートつくりに慣れてきたら、様々なフルーツを使ってアレンジモヒートにもぜひ挑戦を。ライムの代わりにレモンやオレンジを使ったり、ライムと一緒にキウイやパイナップルなどを入れたり、紫蘇とかぼすの和風モヒートもおすすめ。いろいろな材料を使って、今年の夏はモヒートを存分に楽しんで!

RECIPE

材料
分量
ホワイトラム
45ml
スペアミントの葉
10枚程度
ライム
1/4個
砂糖
2tsp
炭酸
少量

つくり方

1

グラスにミントとライム、砂糖を入れマッシャーで軽く潰す。

2

クラッシュアイスを入れ、ラムを注ぎよく混ぜる。

3

最後に炭酸を少量注ぎ軽く混ぜる。

ポイント

1

砂糖はブラウンシュガーか三温糖を使うことでコクが出る。

2

ラムは樽熟成させていないホワイトラムが爽やかな飲み口になるのでおすすめ!

3

ライムやミントは苦くならないよう潰しすぎない。